協力農家/ブランド和牛(2)&地方市場

近江牛/澤井牧場(滋賀県竜王町)

「近江牛」は、滋賀県の豊かな自然環境の中で長期間肥育された黒毛和牛を指します。そんな近江牛の故郷、竜王町に澤井牧場さんはあります。風通しの良い牛舎に加え、ミネラル豊富な鈴鹿山系の地下水と、胃に優しい炊き餌を与えるなどして、健康に牛が育つ環境づくりに余念がありません。

現在、約1800頭の和牛を肥育。抗生物質は投与せず、牛の成長に合わせた単味混合飼料として、一品一品、管理者が自ら口に含んで吟味されています。また「農場HACCP認証」も取得されています。

 

特産松阪牛/栃木牧場(三重県松阪市)

特産松阪牛として認定されるのは、松阪牛のなかでもわずか約4%。兵庫県産の雌の仔牛を900日を超える長期間、丹精込めて肥育。きめ細かい霜降りとやわらなか肉質、甘く深みのある上品な香り、舌に溶ける脂肪のうまみが特長の最上級の松阪牛です。
栃木牧場さんは、古くから牛と人が共に生きてきた「深野」で66年間肥育を続けておられます。

 

 

山形、東京ほか全国地方市場

山形県食肉公社(市場)

当社代表は、毎週山形市場に足を運び、同市場でも選りすぐりの牛肉を競り落とし、お客様に提供いたしております。

 

山形食肉公社 遠藤社長様(中央)と市況等について情報交換

「総称 山形牛」は山形県内で肥育され、一定基準を満たしたもののみが認定されています。

東京都中央卸売市場食肉市場(港区港南)

東京都中央卸売市場食肉市場は、東京という大消費地に安定した供給を行うことを主眼に、設立、運営されています。同市場における食肉の取引価格は、全国の食肉価格を決定する重要な指標となっています。小島商店は、毎週市場売買に参加し、85年のめきき力で、選りすぐりの牛肉等を競り落とし、お客様へ提供いたしております。

 

〈前ページ〉 協力農家/ブランド和牛(1)

〈次ページ〉協力農家/ブランド和牛(3)、仔牛

更新日: