③管理・衛生

「食べる時に一番おいしく」と「安全/安心」を追求した管理

・衛生管理
・個体識別トレーサビリティ管理
・QC(Quality Control)工程表&同一施設内ワンストップ体制

本社工場 HACCPシステム 適合証

CODEX HACPP要求事項を含むJFS-B規格に適合:JFS/日本食品安全マネジメント協会適合証明書

衛生管理

当社工場は、HACCPシステム認証取得。HACCP要求事項は以下の項目:1. HACCPチーム(食品安全チーム)の編成 2. 製品の特徴の確認 3. 製品の使用方法の確認 4. フローダイアグラム(工程図)の作成 5. フローダイアグラムの現場での確認 6. 危害要因の分析 7. 重要管理点の設定 8. 許容限界の設定 9. モニタリング方法の設定 10. 是正処置の設定 11. 検証手順の設定 12. 文書化及び記録保持

これらを全てクリアして認証を取得しています。

個体識別トレーサビリティ管理

取り扱うすべての食肉を、個体識別トレーサビリティ管理ソフトで管理。どの肉をどこに出荷したか、明確にデータベース化しています。

QC工程表&同一施設内ワンストップ体制

「QC(Quality Control)工程表」によって、受注記録を詳細に記録することで、オーダーを確実に遂行。リピート受注時にも、迅速かつ的確に対応することができます。
また、同一施設内で、入荷~加工~出荷までワンストップで実施。衛生面のリスクを最小限にとどめ、受注から配送までのスピーディな対応を可能にしています。

更新日: